母猫、ななみ

さて、今度は遅い時間にもってきて、やっと「ななみ」です。

ななみを家に入れての捕獲が何とか出来そうなところまで来たな、と思い、実際食べてるときに扉を閉めるまでは上手くいったのですが・・・
その後はとんでもないことに(;^^A
逃げるのも暴れるのも捕まえたときに噛まれるだろう、もろもろな事は予測していたのですが、そんなもんじゃ済まず家中を駆けずり回り、壁の高いところまで横っ飛びで移動し、和室を走り回って花瓶を壊し、台所では換気扇の上までジャンプして落ちてくるのすごいパワー。
死に物狂いってこういうのなのでしょうね~
思い出せば、テチも若い頃はかなりのことをしていたのですが(カーテン、網戸にぶら下がり破くなんてしょっちゅう)、老猫になってからとても扱いやすい猫になっていたので、若いパワーを忘れていました。

冷蔵庫の隙間に入り込んだとき、飛び散ったガラスを拾い集めながら、「無理だ・・・」と思いました。
仔猫が外にいるので、余計必死なのだろうと思うと哀れだし、私が入院したらハマーに世話を頼むのも無理だろうと。
そして、この日が来るまで何度も相談させていただいた、ボランティアの「眠猫」さんに電話をしました。
そうしたら、眠猫さんが、ケージと毛布をもって手伝いに来てくださいました。
冷蔵庫の隅っこにもぐっている、ななみに毛布をかけて出し、また部屋の中を飛び回るななみを窓のところで捕まえてくれました。
もう、ほんとに心強くありがたかったです。感謝、感謝です。
ケージに入れられたななみは異様な興奮状態。
そして眠猫さんに上に書いた状況をお話し、家で保護するのは無理だと思うと話しました。
真摯に話を聞いてくださり、とりあえずしばらく眠猫さんのところで預かっていただけることになりました。
そして、ななみを病院の検査に連れて行ってくださったり、今もたくさんお世話してもらっています。

今日はななみの姿を見せてもらいに行ってきました。

nanami2.jpg
お隣の家が解体作業をしていて、眠猫さんの家にすごい音が響いてきて、それにすっかりおびえていました(^^;
でも、捕獲したときより、ずっと落ち着いた表情を見せてくれました。元気そうなななみを見て安心しました。

そして、仔猫の一匹が昨日、町内のお宅にもらわれていきました。
ちゃんと病院へも連れて行ってもらい、ケージなども用意してくださったようです。
ここのお宅には先輩猫さんがいて、その猫さんと早く仲良くなって欲しいなと思っています。

ななみのことを、眠猫さんのブログでも書いてくださっています。
眠猫さんのブログ 「NNNの方から参りました。」


mikenyan.jpg
1匹になってしまって心細いミケにゃん。
昨日までは2匹でじゃれまわって遊んでいました。久しぶりに仔猫同士が遊ぶ姿を見ました。
このミケにゃんはとても臆病でまだシャーシャー言う子なのですが、誰か優しい人にもらわれて欲しいと思っています。



昨年の冬、中央区の開催された「ニャンともねっとわーく」さんの譲渡会に行き、そのときに代表のかたとお話をすることができ、名刺をいただきました。
今回の保護について、まず代表さんに相談しました。お忙しいかたなのに、話を聞いてくださりありがたかったです。
そして、今回の眠猫さんと私の家が近いということで、眠猫さんを紹介してくださいました。
その後、ホームセンターでの譲渡会でもお会いし、親身に相談にのってくださいました。
そして、ここの町内の班長さんや仔猫をもらってくださった方、いろんな人にお世話になっている現状です。
たくさんの皆さんの愛情を受けたななみと仔猫たち、どうか幸せな猫になりますように。


ななみの大騒動で助かったのは、テチの写真や和室に置いている骨壷は無事だったこと。
これはテチも見ていてくれたのでしょうか、ホッしました。
ハマーはチビ猫が可愛いらしく、嫌がられてもw遠目で見ながら話しかけていますw

スポンサーサイト

タグ:ななみ 仔猫 ボランティア

Latest